クレジットカードを使うとき「リボ払い」の文字を見たことはありませんか?この方法は「リボルビング払い」と呼ばれるもので、使い方を間違えなければ安全な支払い方法です。

クレジットカードには翌月一括支払い、分割払いなどさまざまな方法があります。リボルビング払いもこの中の一つで、毎月の返済額が一定金額に抑えられます。普段では買いにくい高額商品もこの方法を使うと購入しやすく、返済計画も立てやすい点がメリットです。

しかし、計画を立てずに利用するとカードローン地獄に陥るリスクもあるのです。リボ払いは「残高スライド方式」か「定額方式」での支払いが一般的になっています。

残高スライド方式は債務額に応じて、毎月の支払い額が決定されますので、クレジットカードで買い物をすればするほど支払い額が増えていきます。定額方式は債務額が増えても毎月の返済額は固定されているので返済しやすいのですが、支払い期間が延びます。

カードローン地獄になりやすいのは「残高スライド方式」でも「定額方式」でも同じです。欲しいものを手当たり次第に買っていると、毎月の支払い額が雪だるま式に増えていくか、支払い期間が年単位の長期になるかのどちらかになります。

またリボ払いは目に見えて借金をしている感覚が薄いので、気付いたらすぐに返済ができない金額まで膨れ上がっていることもあります。気軽に使えるリボルビング払いですが、カードローン地獄にならないように計画を立てながら利用しましょう。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら