学資保険は子供が生まれてしばらく経った後に加入するものであると考える人はとても多いです。しかし、生命保険会社によっては、子供が生まれる前から加入することができる学資保険を取り扱っていることがあります。

生まれる前から学資保険に入ると、生まれた後に入る場合より保険金の払込期間が少しだけ長くなりますが、その分毎月支払う保険料を安くすることができます。また、保障は保険に入った瞬間から受けることができるため、生まれる前に契約者の身に万が一の事態が起こった場合、以後は満期まで保険料の支払い義務が免除されるだけでなく、育英年金特約を付加させていれば育英費用が支給され、出産後の子育てやその後の養育費にあてることができます。子供が生まれる前の学資保険への加入は、保障型の保険を選択するとメリットが大きく、貯蓄型の保険を選ぶことを決めている場合や、既に死亡保障がついている生命保険がある場合は、あまり恩恵を受けられない可能性があります。

出産前の時期は学資保険に入ることを検討するのに最も良い時期といわれています。なぜなら、会社で働いている人であれば、子供の出産が近づいてくると休暇を取得することでき、休暇前と比べて自由な時間を多く確保できるようになりますが、出産をすると育児に専念しなければならず、保険に入ることを考えるような時間はほとんどなくなるからです。出産が近づいてきたら、これから生まれてくる子供の育て方を考える取り組みの一環として、学資保険に入ることも一緒に考えてみると良いでしょう。
参考サイト