2つのおまとめローンの存在について知っておきましょう。ひとつは銀行カードローンになり、それは総量規制対象外になることから年収の3分の1を超えても問題なく利用できます。もうひとつは消費者金融が提供するおまとめローンです。そもそも消費者金融は総量規制対象外ではなく、れっきとした総量規制の対象になっている貸金業者がです。ただしおまとめローンになると総量規制対象外になることを知っておきましょう。

どちらが優れているのかは、金利や借りやすさなどから参考にしなければなりませんが、年収の3分の1を借りていることで総量規制対象外のおまとめローンを探している理由であれば、銀行に絞る必要はありません。消費者金融であっても、返済能力があると判断されれば、十分融資を受ける可能性がありますので、銀行だけに絞らないようにしておきましょう。

銀行にもおまとめローンという商品がありますが、普通のカードローンを借金の一本化として使うことも可能です。銀行カードローンの特徴として収入証明書不要でも大きな金額を融資してもらえる可能性があります。数百万円の融資を受けられるのであれば、それをおまとめローンとして活用することもできるはずです。

なにも審査が厳しいおまとめローンだけに着目をする必要はありません。消費者金融の数百万円の借り入れとなると壁もありますが、銀行カードローンであればおまとめローンとしても活用できる可能性について知っておくと、便利に使うことができるでしょう。
http://www.icme2010.org/