オンラインカジノとは、ネット上で実際にお金を賭けて遊ぶことができるサービスのことを指します。

リアルマネーをネット上で賭けられることから、日本でもカジノ好きの間で人気の高いサービスとなっているのです。

オンラインカジノでは、リアルのカジノとは異なる多彩なゲームが魅力となっています。

特にビデオスロットタイプのゲームでは、必ずお気に入りのゲームが1つは見つかると言っても過言ではないほどの充実さです。

その他にもライブカジノと呼ばれる、実際のディーラーと中継を通してゲームができるタイプのものもあります。

ライブカジノであれば、ネット上とはいえかなりの臨場感を感じながらプレイできることでしょう。

このようにオンラインカジノは、非常に魅力的なサービコンテンツなのです。

ただ運営は全て海外サイトということもあり、その点が日本人にとっては少し敷居が高いものとなってしまっています。

そこで今回はオンラインカジノについて、初心者の方が知っておきたい情報の紹介です。

オンラインカジノの基本を知って、不安で足踏みをしてしまっている方の後押しになればと思います。

少しでもオンラインカジノに興味のある方は、是非とも読み進めてみてください。

オンラインカジノは違法じゃないの?

オンラインカジノはリアルマネーで遊ぶサービスと紹介しました。

そうなると気になるのは、日本での違法性が問われるかどうか?ではないでしょうか。

実際は日本人プレイヤーは多く存在しており、その事実から不安無く始める方も多いようですが。

ただ本来であれば1番に気にすべき点ですので、まずはこの点についてを深掘りしていきましょう。

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノが違法かどうか?のそもそもの部分から説明していきます。

オンラインカジノサイトのほとんどは、カジノライセンスという運営許可を得た上でサービスを提供しているのです。

ライセンスの取得先は各々で異なるものの、悪質なオンラインカジノサイト以外は原則ライセンスを取得しています。

基本的にオンラインカジノサイトのホームページ上で、それぞれどこのカジノライセンスを取得したかを確認することができるので必ず確認をするようにしましょう。

カジノライセンスがあるということは、それぞれのライセンス取得先の国から許可を得て運営をしていることになります。

そのためオンラインカジノというサービス自体は違法ではなく、あくまでライセンス取得先の国が認めた正式なサービスなのです。

ライセンスの有無が信用の証とも言えるため、オンラインカジノサイトを選ぶ際の基準にすると良いでしょう。

ライセンスが無ければどの国であろうと違法性が高くなりますし、ライセンスがある限りはその国では違法ではないと言えます。

よってオンラインカジノ自体は、カジノライセンスの取得があれば違法ではないということになるのです。

日本ではどうか?

上記の通りオンラインカジノ自体は、ライセンスが有れば違法性はありませんでした。

ただこの見解はあくまで、その国においての話となります。

日本では日本の法律が適用されるため、この見解は少し変わってくるのです。

多くの方がご存知のように日本では、公営ギャンブル以外の賭博は法律で禁止されています。

よって単純に考えれば日本ではオンラインカジノは違法となるのです。

ただ上記でも書いたように、オンラインカジノプレイヤーには日本人が多く存在します。

それは日本の法律で賭博が禁止されているものの、海外のオンラインカジノに関しては罪に問えないからなのです。

日本の法律ではあくまで、参加者と胴元の1セットで罪が成り立つ仕組みとなっています。

つまり日本国内の参加者が賭博をしていても、その胴元が海外で違法性無くサービス提供をしていれば日本国内で罪に問うことはできないのです。

そのためオンラインカジノサイトは海外サイトに限られます。

国内サイトであったり、日本人専用のテーブルなどが用意されていると日本国内で罪を問われる基準となるのです。

日本人専用テーブルなどが用意されたサイトなど、もしあればそうしたサイトには参加しないようにしましょう。

オンラインカジノの違法性は、日本国内ではグレーゾーンということになります。

オンラインカジノサイトの中でも、優良サイトと呼ばれるサイトなら罪に問われることもほぼないでしょう。

事実としてかなりの数の日本人プレイヤーが存在し、海外サイトもその点から日本語サービスなどを充実させています。

オンラインカジノの魅力は

続いてオンラインカジノの魅力について迫っていきましょう。

オンラインカジノの魅力は一言で言えば、自宅に居ながらいつでも気軽にカジノを楽しめるという点です。

ネット環境さえあればPCのみならず、スマホからダウンロード不要でゲームを楽しめます。

参加のしやすい手軽さが、オンラインカジノの1番の魅力と言えるでしょう。

またネットサービスならではの魅力もあります。

それは上記でも説明した通り、ゲームの種類の多さです。

ビデオスロットからテーブルゲーム、そして臨場感溢れるライブカジノが揃っています。

種類が豊富過ぎて、なかなか全種のゲームをプレイすることはできないほどでしょう。

またオンラインカジノの場合は、プレイをするためにオンライン上で軍資金を入金する作業が発生します。

その入金に対してボーナスをプレゼントしてくれるサイトが多くあるのです。

特に初回の入金に対しては、ほとんどのサイトがこのボーナスを設けていると言えるでしょう。

他にも不定期でイベントとしてボーナスなどを配布することも多くあります。

さらにサイト側は、オンラインであるために入金額やプレイ頻度を個別に管理可能です。

多くのサイトで入金額やプレイ頻度に応じて、VIPプログラムというものを用意しています。

VIPになればより高い還元率のボーナスや、その他では現品のプレゼントなどが用意されるのです。

手軽に遊べるオンラインカジノだからこそ、こうしたVIP登録も比較的目指しやすい点も魅力と言えるでしょう。

(ボーナスとは実際にゲームで使えるおまけのお金です。

そのまま出金はできませんので、基本的にはよりお得にゲームをプレイするためのものとなっています。

ただ入金額の〇〇倍の金額を賭けたら、ボーナス金も出金可能などとなっていることがほとんどです。

出金条件のクリアは簡単ではありませんが、なんにせよ貰えるボーナス分お得に遊べます。

この点はオンラインカジノ特有の魅力と言えるでしょう。)

このように手軽さや、オンラインカジノならではのお得なボーナスプログラムが最大の魅力なのです。

オンラインカジノを安心して遊ぶには?

続いてはオンラインカジノを安心して楽しむための、オンラインカジノサイト選びの基準をお伝えします。

①カジノライセンスの有無

こちらは上記でも触れましたが、カジノライセンスがあるかどうか?です。

そのサイトがきちんと許可を得た上で、カジノ運営をしているかを確認しましょう。

通常であればオンラインカジノサイトの、それぞれのホームページ上に掲載されています。

どれだけ探しても見当たらない場合は、悪質サイトの可能性があるので登録は避けてください。

②第3社機関の調査

こちらはオンラインカジノサイトがカジノ運営をするにあたって、不正をしていないか?を第3社機関に証明させているかの有無です。

こちらも多くのサイトのホームページ上で確認できます。

ライセンスがある以上、不正はほぼ出来ないのですがライセンス基準は国ごとにハードルが異なるのです。

そのためこの第3社機関の調査の有無も確認し、出来ればあったほうがベターと覚えておいてください。

③運営企業の所在地

こちらもホームページ上に通常であれば記載があります。

稀にいくら探しても、運営企業の所在地が明記されていないサイトも存在するのです。

所在地が明記されていることは、何か問題が起きたらきちんと責任を取るという表明として見て差し支えないでしょう。

そもそも企業の所在地を明記しないサイトは、不信に思った方が良いため1つの基準にしてみてください。

④ゲームの種類やプログラムの種類

こちらはオンラインカジノを楽しむための基準となります。

お気に入りのゲームが無ければ、せっかく登録しても楽しめないでしょう。

ビデオスロットを多く楽しみたい方が、ライブカジノ特化のサイトに登録しても楽しめません。

またその逆も然りと言えます。

自分がオンラインカジノで何を一番楽しみたいか?を理解してから、その後でオンラインカジノサイト探しをすることがおすすめです。

初心者の方でよく分からない方は、とにかく大手と呼ばれるところからチョイスするのもありでしょう。

大手であればゲームの取り揃えもバランス良くなっていることが多いからです。

またボーナスプログラムも確認してみてください。

同じようなゲームの取り揃えでも、ボーナス付与率が違ったりします。

よりお得なサイトを見比べてみることも、オンラインカジノサイト選びでは必須です。

⑤入出金方法

こちらは軍資金の入金、勝利金の引き出し方法についてとなります。

お金を入れるのも、引き出すのも各サイトごとに方法が異なるのです。

自分にとって便利なものや、あるいは可能なものを選ぶようにしましょう。

あまりに不便だったり、自分には不可能な方法しか無い場合はせっかくの登録も意味を無くします。

以上のようにオンラインカジノサイトを初心者の方が選ぶ際は、上記の5項目を確認してみてください。

5項目当てはまるサイトであれば、概ねで安心して遊べるサイトと言えることでしょう。